血液型によってメールの返信に個性があります。

MENU

ホッチキス1

ホッチキス2


 

メールの内容を考える女の子の画像

 

メールでのやり取りも、恋愛においてのコミュニケーションとして大切ですよね。

 

そのメールの返信の仕方にも、血液型別に面白い個性が出ていること、知っていました?

こちらでは、それぞれの血液型の人が恋人に送るメール返信の傾向を集めてみました。

 

 

受信してから返信するまでの時間

 

A型

状況が許せば、即返。時間が空いた場合は、なぜ遅れたのか、理由を説明した内容を返信に添える。
返信メールは、なるべく滞りなく、早く丁寧にがモットー。

O型

遅い。メールは即返が基本と考えているけど、なぜか自分が返信する時はその基本は適応外になる。
しかも、内容は「いいよ」や「了解」などの短文が多い。

B型

バラバラ。何かに夢中になっていると、既読してもそのまま放置。内容は比較的、長文の傾向がある。
しかも話が広がり、気付くと自分のことを延々と返してくる。

AB型

電話よりメールが好きなのでくると嬉しい。
けれど既読さえしない場合がある。理由は自分でも謎。
返信は丸1日後だったりするが、忘れることはない。

 

 

 

メール返信、それぞれの個性

 

A型

受けた内容をしっかり読んだことをアピールしつつも、内心は「面倒くさい」と思ってたりする。
空気を読んで欲しいので、絵文字や顔文字も適量使う。

O型

返信の内容は単純明快。それゆえ、「ちゃんと読んでないんじゃない?」と疑われることも。絵文字や顔文字は、とても便利なのでよく使う、時には絵文字だけの時も。

B型

極端なので、その時の気分が分かりやすい。
絵文字や顔文字を手あたり次第入れてくることもあれば、文字だけでくることも。その差は「その時の気分」。

AB型

返信する内容は的確。時には先を見通した返事が返ってくるので、行間を読み込む必要がある。絵文字などは装飾として使うので、美しさやバランスにこだわる。

 

 

 

 

メール返信に対する重要度

以上を見てお分かりになるように、メールの返信の仕方にもそれぞれ個性が現れるようですね。
「早く返信しなくちゃ」と時間を気にするのは、意外ですがB型とAB型。
ただし、実行に移すかどうかは、また別のようです。

 

A型とO型は、時間を気にされてるんじゃないかと思うことが「面倒だな」と感じるようです。
面倒だから時間が空いても気にしないO型、面倒だけど即返を心掛けるA型なのです。

 

メールの返信が血液型によって、違っていることを解かっていれば、気軽になることもあるのではないでしょうか。